スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のチビ

おはようございます!我が家の猫、カネコチビです。今日は贅沢な生活ぶりをご紹介します。

安納芋ソフトチビ

何やら美味しそうなものを食べちゃってますね(^_^)これはministop期間限定の安納芋ソフトクリームです。主人だって食べれないのにいいなー・・・まっいいか。一足早いクリスマスと言うことで(^_^)昔から犬や猫が大好きでしたが最近、自分は猫派と気ずきました( ‘o’)
なんなんでしょう・・・
ストーブ前チビ

今度はストーブの前で(´・_・`)この気楽さかな〜。ほっておいても散歩も勝手に行くし、吠えないし。
行動を見ているだけで何だか癒されますo(^▽^)oもしかして憧れもあるのかも。




スポンサーサイト

住宅の内装メンテナンス(その1床)

こんにちは。今日は外装の次に初期投資をして欲しい内装の床材についてお話します。
床材は一般的なフロアーですと合板やMDF(木材を繊維状にほぐし、接着剤などを配合してボードに成型した「繊維板」の一種です。)の下地に単板やシートを貼ったものが多いです。その他、無垢材や水回りに使用されるCFシート(ビニール樹脂)等があります。最近の床材は紫外線等の影響による劣化に対して非常に強くなり、表面が剥がれたりすることが少なくなりました。それでも表面の摩耗に対しては値段によりグレードがあり、そこで今回の初期投資の意味を考えたいと思います。
昔のフロアーは表面、基材本体の経年劣化による部分的な沈みや陽の当たる部分の変色や表面材の剥がれなどなど・・・毎日歩く床がそうなると憂鬱ですよね(´・_・`)
その場合は既存の物を剥がして施工するのは金額の負担も大きいですし、生活をしながらの施工は施主様にとってかなりのストレスになることから、既存の床に直接新しい床材を施工する方法が一般的です。リフォームで貼り替える場合も予算的な事もあると思いますがなるべく性能を確認して材料を選択したほうが得策です。これから新築をお考えの方も将来フロアーをなるべく張り替える事の無いようにしたいものです。予算はこの様な感じです・・・

✩30坪の住宅でフロアーを貼る面積=25坪で算出
・各メーカー量産品フロアー
坪6,000円~8,000円=25坪×8,000円=200,000円(8,000円で計算)
・大建工業クリアネクスト
坪9,000円~10,000円=25坪×10,000円=250,000円(10,000円で計算)
・大建工業エクオスロッゾ
坪17,000円~19,000円=25坪×19,000円=475,000円(19,000円で計算)


以上のような差額となります。LDKにはエクオスロッゾ、寝室や子供室にはクリアネクスト、納戸にはフォレスティア・・・このように貼り分ける施主様もいらっしゃいます!
商品の性能など大建工業HPでご覧下ください。
http://www.daiken.jp/

弊社のお客様の床材も外装同様、検診にお邪魔した時も引き渡した時の状態と変わらず傷もほとんどなく、光り輝いています。もちろんお客様もメンテナンス、お掃除をしていただいていると思います。何年経ってもビックリ!本当に綺麗です(^_^)
近年、長期優良住宅、グリーン化事業等、国の政策で住宅取得者に長持ちする住宅や環境にやさしい省エネの住宅を推奨して、建設費を補助してもらえるのは、やはり住宅を新築する・リフォームする際には慎重に計画する必要がありますね。
皆様もご存知かと思いますが2020年には断熱等級4レベルの性能を持たない住宅は建築確認申請ができません。つまり建築できなくなるという事です。今は2016年だから建築できるではなく、将来を見据えて長期優良住宅、省エネ住宅の計画することを強くオススメします。ご興味のある方は是非、お問い合わせください!→ kaneko-home@kaneko-home.com TEL042-772-9436
HP→http://kaneko-home.com

焼き鳥丈ちゃん(じょうちゃん)

こんにちは。先日、久々に東京中野にある焼き鳥丈ちゃん(じょうちゃん)に行ってきました。何しろ予約しないとなかなか入れないお店で、用事を済ませてからだったので到着時間は20:00頃でした。外見はお世辞にもおしゃれなお店とは言えませんが、相変わらず店内は満席でテーブル席で15人程。乾杯の後は先ずは名物刺身3種盛り(^_^)

3種盛り

あれっ・・・いつものと違うなぁ・・・到着時間が遅かったので売り切れ続出(>_<)レバーが2箇所盛り付けしてあります・・・先ずはレバーから。特製ダレをつけてパクリ。口に入れた瞬間とろけてうまーい!これで2人~3人前で¥1,280は安い!焼き鳥も売り切れ続出だったので「あるやつ全部ください!」と仲間が注文(^_^)次に出てきたのが
わさびかしわ

つくね

ささみサビ焼きとつくね。やっぱりうまい)^o^( 人気のある秘密はネタがおいいしいのも当たり前ですが値段も1本¥130に加え、たくさん注文しても1種類の焼き鳥が食べ終わった頃に次の焼き鳥が焼きたてで出でくるのが凄い!今日は来店が遅くなり全部食べれなかったので次に来るときは開店直後に行こうと思います。
中野近くに行く時は1度お試しあれ。予約は忘れずに・・・(小さいお子様連れはダメだったような・・・要確認)
それでは!

住宅の外装メンテナンス(その2外壁)

\(^o^)/おはようございます!今日はその2、外壁メンテナンスについてお話します。
皆様のお宅の外壁はモルタルですか?サイディング(窯業系)ですか?大きく分けてこの2週類が多いと思います。モルタルは無論、塗り替えが必要になってきますが、サイデイングは表面仕上げのグレードによっては長期保証の物もあるかと思います。
ただ、サイディングの場合はコーキングの寿命が5年~10年で劣化しますので注意が必要です。
モルタルの場合表面に塗装が施されていますがおよそ10年で塗り替えの時期をむかえます。
カラーベスト屋根塗替えと同じ時期なので足場をかけて双方の塗り替えを行う場合が多いです。(雨樋も交換)そこで一般的なコストを積算します。
※30坪の住宅(立地条件などによっても変わります。)屋根90㎡・外壁180㎡で積算

・足場掛けバラシ(養生ネット共) 
 =¥250,000
・水洗い(屋根・外壁・全面)  
 270㎡×¥250=\67,500      
・屋根塗替え シリコン系(3工程)
 90㎡×¥3,000=¥270,000
・外壁    シリコン系  〃    
 180㎡×¥3000=¥540,000
・その他 養生・諸経費等  
         =¥150,000

                    合計¥1,275,500(税別)

立地条件や住宅の構造によって若干の違いはありますがこんなところでしょうか・・・
そこに雨樋・バリコニーの防水塗装・消費税等を参入するとやはり150万~になります。
10年に150万円となると年間15万円はメンテナンスコストを貯蓄するようですね(>_<)

あくまでも住宅の規模にもよりますが、30坪前後の住宅を新築でお考えの方は初期投資の段階で
金額の差を確認して将来的なメンテンスコストを考慮して計画をしたほうが得策ではないでしょうか。
塗り替えをお考えの方もフッ素系の長持ちを売りにしている塗料もかなりコストが掛かりますので
モルタルの上にサイディングを張る工法も1度検討する事をおすすめします。
コーキングも現在プラチナシール(ニチハ㈱)等は15年保証となっていますのでそうなると20年はメンテナンスフリーでいけそうです。サイディングの場合、コーキングの打ち替えも10年で(塗装にかかる費用)+30万円程掛かりますので20年で(塗装代にかかる費用×2回)+60万円は考えておかなければいけません・・・弊社が設立して19年となりますが新築第一号の住宅は19年が経過しても未だに塗り替えも行っていません。もちろんコーキングも弾力性を保ち劣化もありません。
その後に建てた住宅も10年超えている建物も多くありますが塗替えは未だに1棟もありません。
それもお客様が部材の初期投資に関して真剣にお考えになり、10年以上経って実感されていただいていると思います。先日も第一号のお客様が「周りの住宅は家より後に建ててるのに塗り替えをしている」とおっしゃっていました\(^o^)/だからこそ皆様も真剣に考えていただきたいのです。新築・改装をお考えの方は是非一度お問い合わせください!
お問い合わせ先→kaneko-home@kaneko-home.com TEL042-772-9436
HP→http://kaneko-home.com 
お待ちしております!






住宅の外装メンテナンス(その1屋根)

おはようございます!今日は住宅のメンテナンスについてお話します。通常、築10年を過ぎるとそろそろメンテナンスが必要な時期となります。外装では屋根・外壁・樋・etc…。外壁の塗り替えをやるのであれば足場が必要となり、そこで屋根の塗り替えや雨樋の付替えを同時に施工する場合が多く見受けられます。住宅の規模・塗料のグレードにもよりますが30坪~40坪の住宅で150万~200万位かかるでしょうか。10年に1度とすると・・・30年で約450万~600万程かかる計算です。びっくりする金額ですね(-_-;)そんなにお金をかけたくない・・・誰もが同じ考えでしょう。ただ、住宅は人間の体と同じで長くほっぽっておくと取り返しのつかない事になってしまうので定期的にメンテナンスをする事が必要不可欠となります。今回は屋根のコストについて説明します。

屋根の種類
・カラーベスト
 1980年~現在の住宅の仕上げ材で最も多い。重量 坪当たり約70kg。耐用年数は色の塗替え10年
 坪単価=約15,000円

・ガルバリウム鋼板(耐久性・耐候性に優れるので自動販売機本体に使用されている)
ガルバリウムの構造

 最近多くなっている。重量 坪当たり約16kg。耐用年数は25年~30年。 坪単価=18,000円~20,000円

・瓦
 最近は少なくなっている。重要 坪当たり約200kg。耐用年数は半永久的。坪単価=25,000円~

以上のような特徴があり、予算によって仕上げ材が決まります。でも・・・今更ですが新築の際にこの差が説明されたでしょうか。
意外と説明せれないで家を建てた方が多いのです。住宅の屋根の面積を30坪とすると・・・
・カラーベスト =30坪×15,000円=450,000円
・ガルバ    =30坪×20,000円=600,000円
・瓦      =30坪×25,000円=750,000円  ※いずれも概算


新築の際に差額で考えたら皆さんはどう考えるでしょうか。私なら迷わずガルバの屋根を選択すると思います。
理由は本来であれば瓦にしたいのですが(半永久的)、地震大国であることを考えると屋根は軽いほうが有利でガルバ(瓦の1/10)となり、ガルバの耐用年数は最低25年はメンテナンスなしでいけそうだからです。初期投資(イニシャルコスト)15万程で30年近くメンテナンスフリーであれば安価だと思いませんか?このように住宅の材料選びには大事な事がたくさんあります。
充実した意味のある初期投資を行えばメンテナンスコストは十分に抑えられ何倍にもなって返ってきます。新築をお考えの方、メンテナンスをお考えの方は1度お考えになったらいかがでしょうか。塗り替えを何度も行うなら思い切ってガルバの屋根を施工するのもオススメです!詳しくは弊社までお気軽にお尋ねください。
お問い合わせ先→メール kaneko-home@kaneko-home.com  TEL 042-772-9436 
HP→http://kaneko-home.com
次回は外壁についてお話します。










プロフィール

カネコホーム

Author:カネコホーム
カネコホーム社長ブログ
相模原市橋本で1964年生まれ、橋本育ち。材木商から1998年に独立して高気密・高断熱・計画換気住宅を専門としたカネコホームを設立して現在に至る。住宅の事を中心にブログ更新していきますので皆様どうぞよろしくお願いします!

アクセスカウンター

にほんブログ村

ビルダー・工務店

リフォーム業者

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。