スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え〜ウソでしょ・・・

皆様こんにちは!2月最後のブログはグルメで締めたいと思います(^_^)2/24㈮に都内にある、お知り合いの方がお勤めしているお寿司屋さんに行ってきました〜(^_^)すごい人気のあるお寿司屋さんだと噂は聞いていて、いつかは行きたいと思っていましたが念願が叶いました!
到着すると店の前には20人を超える大行列(´・_・`)。予め予約を取っていつたので直ぐに2Fのカウンター席に。座るやいなや出てきたのがこの舟盛り・・・(°_°)
某寿司屋2
えーウソでしょ・・・8人で行ってこの舟盛りが2個並びました・・・赤身・中トロ・大トロ・鯛・ハマチ・アワビ・イカ・甘海老・赤貝・等、こんな舟盛りは人生初めてかも\(^^)/。まもなくウニが出てきました・・・
某寿司屋1
なんだこれは・・・うに軍艦のお寿司にしたら何人前できるか?まあ、そんな事は気にせずに海苔にたくさんのウニを入れ、ネギを加えてバクリ!いや〜うまいo(^▽^)o贅沢すぎる・・・その他、タラバガニの炙りやふぐの刺身、煮穴子の1本握り等、魚介類オールスター冬の祭典かの様に次から次に出てきました。が・・・全てを平らげ気付いたら・・・いけない写真を撮るのを忘れた(´・_・`)・・・ダメだな〜(´・_・`)グルメリポーターにはなれないなア〜・・・飲んで食べてえ〜ウソでしょ?の値段でした。高くて美味いは当たり前、安くて美味いお店を探して人生の活力にしています(^_^)今度、来店したときは食べる前に写真を必ず撮ろうと思います!
スポンサーサイト

木構造と鉄骨造の比較

皆様、こんにちは!昨日、弊社の仕入先である㈱相模原木材センターの勉強会に出席してまいりました。
CLT勉強会4
今回の内容はCLT(クロス・ラミネイテッド・ティンバー)についてでした。(CLT=木材を縦・横に貼り合わせて強度を高める材料)
CLT勉強会2
 そこで説明のあった木構造と鉄骨造の比較についてお話します。

✩比較内容                      
                       木構造  優劣  鉄骨造
1、強度と部材の重量の比率(強度/重量)     大   優≧   小
※木材の方が軽くて重量に対しての強度は優る。地震力にも軽い方が有利。
2、材の均一性(強度偏差 非等方性)       大   ≦優    小
  ※木材の場合、節や木の目などがある為。
3、硬さ曲がりやすさ(ヤング率)          小   ≦優   大
  ※同じ寸法の材料では敵わない・・・
4、接合部強度と部材強度の差(接合効率)    極小  ≦優   大
  ※木構造はピン工法=接合部は曲がると考える 鉄骨造は剛工法=曲がらない。
5、耐火性能                   燃えしろ   優≧    軟化
  ※木は一気に燃えず1時間で24mmが燃える。鉄骨は温度が上がると軟化、倒壊する可能性。
6、耐久性                     腐る    =   錆びる 
  ※耐久性については引き分け

以上から木材は優が2個 鉄骨は優が3個 引き分け1個となり、木材の2勝3敗1分けとなりました。
劣っている事を整理すると・・・
2、の均一性はCLT(現在の主流はエンジニアリングウッド集成材)でより均一な材料が生産できるので引き分けとはいかないが惨敗は防げるのではないか。

3、のヤング率については材料の寸法を大きくしても限りがあるから厳しいのが現状だが、今回勉強会で題材になったCLTは鉄骨造や鉄筋コンクリート造にも負けないくらいの空間利用が可能となり勝負になる可能性!

4、の接合部強度は剛工法とはいかないが、接続金物によってはかなり補強できる。近年の木造金物工法の進化は素晴らしい!

皆さんいかがでしょう・・・木材も見捨てたもんではありませんね(^_^)元材木屋の私が言うのもなんですが(´・_・`)何社かの某ハウスメーカーは「鉄骨だから火災に強いですよ!」と言っていますが、「温度が700℃になったら軟化して倒壊しますけど」とは説明しないと思います。お客様の家が火災になった事態とかあまり考えたくはないですが、木構造も燃えしろを考えて設計しますから十分安全な住宅を作る事が出来るのです。林業の盛んな地域の製材屋さんが相次いで廃業しています。もちろん若木を植林すれば二酸化炭素を光合成により吸収してくれますが、老いた木が増えてしまっている現在、二酸化炭素の放出する密林が多くなっていて、地球温暖化を加速しています。そこで解決策の一つとして今回のCLTを日本の樹木で加工・生産して地球温暖化を防いでいかなくてはならないと思います。
日本の風土に合った木造在来住宅の素晴らしさをもう一度見直してみませんか・・・
ご意見、ご感想は→メールフォーム
カネコホームHP

築15年目、相模原市N様邸

皆様こんにちは!外は春一番?が吹いていますが夕方からまた本格的な冬の寒さが戻ってくるようです。早く春が来るといいですね!さて、昨日、築15年目を迎えたお客様のところへ点検に行ってまいりました(^_^)先ずは内観です。

中村様邸内観2
中村様邸内観1

お客さもキレイ好きで毎年年末に床にはワックス・窓から全てを大掃除をしていただいているとは言え、引き渡した時からほとんど変わっていません・・・床はピッカピカ!ホコリ一つ落ちていない。室内の環境がコントロールされているので窓は開けたくない、居間周辺のドアもほとんど閉めたことがない(´・_・`)久々にドアを動かして動作確認!異常なし!でも皆さん不思議だと思いませんか?階段も居間のすぐそばにあり、玄関に大きい吹き抜けがあるのに?
中村様邸内観3
と思われると思いますがこれが全館空調・計画換気システムの最大の特徴です。LDKの暖かい空気はドアを開けていれば吹き抜け、2Fの廊下の天井付近に溜まります。普通の住宅ですとエネルギーを無駄に使ってしまいますが、やすらぎ21の工法なら、2F天井の数カ所に熱交換換気扇の給気口が備えてあり、一度排気・熱交換してしてキレイな空気を床下に吹き込む。その為、今日も床暖房をしてるように温かい状態でした。次に外部の点検です。
中村様邸外観3
中村様邸外観2
中村様邸外観1

先ずは外壁の表面、異常なし!次にコーキングも弾力性が保たれていて異常なし!引き渡した当初と外装もほとんど変わっていません。お客様も「金子さん、外部のメンテナンスはしなくて大丈夫?」と心配されていましたが、「今は必要ありません!」と自信を持ってお答えしました。それでもいつかは外部のメンテナンスは必要となると思いますが。想えば・・・設計当初にまだ37才の若輩者の私を信じていただいて、この外壁や屋根・そして内装材・水廻り・そして何よりその当時、知っている方が皆無に近い状況の中、高気密・高断熱・計画換気・全館空調システムを導入いただいた事は本当に感謝してもしきれません。
2020年問題(断熱基準の義務化)の頃には築18年となりますが、この住宅の価値が落ちる事はないかもしれません。
やすらぎ21見学ご希望・ご質問は→メールフォーム カネコホームHP N様邸詳細

太陽光発電

皆様、おはようございます!何だか雪がチラついていますがそんな事は無視して今日は太陽光発電についてお話します。

太陽光発電とひとくちに言っても、そのメリットとデメリットは何があるのでしょうか・・・
✩メリット
①発電した電気を売ることができる→年々さがつていて2017年で余剰¥28・固定¥30
②電気代(光熱費)が安くなる→電気を売った差し引き。オール電化でさらにお得!
③節電意識が芽生える→電気使用料、発電量をモニターで見れるため節電に意欲。
④エコ(環境)に貢献できる→発電中に二酸化炭素などの温暖化ガスを排出する事がない。
⑤万が一の際には非常用の電源として利用できる→停電の際など。

✩デメリット
①太陽光発電システムの価格が高い→太陽光発電の価格は、1kWあたり40万円前後が相場と言われています。※5KW×40万円=凡そ200万円
②夜間や雨天時には発電できない(発電量が減る)→一般的に、曇の日は晴れの日の2分の1~10分の1程度、雨の日は5分の1~20分の1程度の発電量になると言われています。
③維持費→約13年で寿命を迎えると言われている「パワコン」は10万円もする高額機器です。
④初期費用が回収できない可能性→設置条件によっては回収まで15年かかる場合もある。

以上を踏まえた上でシュミレーションしてみます。※200万円の太陽光パネルを設置した場合で全国の平均値で計算。
電気代削減額:年間40,000円 •売電収入:年間160,000円 •年間導入メリット:200,000円 •11年目以降導入メリット:130,000円
・現金で購入した場合の利回り=年間導入メリット¥200,000÷初期費用¥2,000,000=10%
・11年目~の利回り=11年目以降メリット¥130,000÷初期費用¥2,000,000=6.5%
・20年での利回り={(20万×10年+13万×10年)÷20年}÷200万円=8.3%
・上記メンテ費加算={(20万×10年+13万×10年)÷20年}÷200万円+50万=6.6%
※50万=パワコン・点検・その他。

いきなり利回りって???いろいろな意見があるとは思いますが、私なりにまとめると、✩メリットは問題なし。✩デメリットに対しての整理、捉え方が皆様にとっても一番大事な事なのではないでしょうか?そこで利回りの計算をしてみると損するばかりではないのかな〜と思います株の投資や不動産投資については大金を手にする人もいるとは思いますが、その分損をする人も大勢いると思います。それを考えると利回り6.6%(概算)は硬い投資ではないでしょうか。銀行に貯金(タンス貯金)していても利息はつかないに等しく、眠らせておくなら太陽光発電を考えてもいいかもしれません。(当然、借金で購入すると利回りも低くなります。)嫌らしい話になってしまいましたが、地球環境にとって素晴らしい必要なシステムな事には変わりありません。私が望むのは太陽光パネル自体の価格ももう少しリーズナブルになり(補助金は期待できません・・・)、お施主様にお腹を張って・・・すみませんお腹が出てるもんで(^_^)胸を張ってオススメできる日が来る事を願っています。
太陽光についてのご意見・ご感想はこちらまで→お問合せ  カネコホームHP

住宅ストック循環支援事業

皆様、こんにちは!節分が過ぎましたが豆まきをしたり、恵方巻きを食べましたか?
弊社では毎年必ず豆まきをします(^_^)北東の角の窓から右回りに全ての窓に「鬼は外!福は内!」たくさんの福が訪れる様に・・・

さて、福が訪れることを信じ(^_^)今日は【住宅ストック循環支援事業】についてお話します。
先ずは支援が受けられる3つの条件を説明します。

(1)40歳未満を対象とした中古住宅購入時の改修補助事業
✩要件:インスペクション(第三者の検査・点検)の実施、指摘事項(瑕疵等)の
リフォーム、瑕疵保険の加入。
✩補助:インスペクション(5万円/戸)+エコリフォーム費用で50万円/戸(上限)
  +耐震改修をした場合、15万円加算→最大で65万円/戸を補助

(2)自己居住用の住宅の「エコリフォーム」補助事業
✩要件:持ち家の省エネリフォーム
✩補助:窓や外壁の断熱化、太陽熱利用システム、高断熱浴槽の設置など工事内容に応じて
  定額補助で30万円/戸(上限)→耐震改修加算で45万円/戸(上限)

(3)耐震性のない住宅を撤去して、「エコ住宅」への建て替え補助事業
✩要件:建築物省エネ法のトップランナー基準または一次エネルギー消費量、等級5。
断熱性能等級4または一次エネルギー消費量4を満たす木造住宅。 
✩補助:定額30万円/戸(長期優良、さらに高い省エネ性能には10~20万円加算)

以上の概要となっています。今流行り言葉の【リノベーション】。リフォームとは違い、増築・改築や建物の用途変更など、資産価値を高めるための大規模な改造をする事を言います。国の政策が示す通りにただ、現状のままでクロスの貼り替えや床の貼り替えなどでは補助はしないと言う事です(´・_・`)・・・と言ってもお金を補助(いただける)なら利用した方が得策なので現在上記に当てはまる計画をお考えなら一度ご検討してみてはいかがでしょうか?(建替の事業に対しての補助金の少なさが不満ですが・・・)国の未来・家族の未来にとって重要な事かもしれません。
住宅ストック循環支援事業についてのお問い合わせ→メールフォーム  
カネコホームHP

プロフィール

カネコホーム

Author:カネコホーム
カネコホーム社長ブログ
相模原市橋本で1964年生まれ、橋本育ち。材木商から1998年に独立して高気密・高断熱・計画換気住宅を専門としたカネコホームを設立して現在に至る。住宅の事を中心にブログ更新していきますので皆様どうぞよろしくお願いします!

アクセスカウンター

にほんブログ村

ビルダー・工務店

リフォーム業者

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。