スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低炭素住宅

皆様こんにちは!今日は前回の続き低炭素住宅についてお話したいと思います。
東日本大震災後の2012年12月に施工された2020年の改正省エネ基準の先駆法案として、
低炭素住宅の認定制度ができました。地球温暖化問題が加速する中、低炭素・リサイクル社会を実現する事が重要項目となります。低炭素住宅の場合は、改正省エネ基準よりも、一次エネルギー消費量をさらに10%削減しなければいけません。基準をクリアしなければならない項目があります。下記の通りです。

①節水性能に役立つ設備機器採用(節水型トイレや節水型水栓、食洗機など)
②.雨水、井戸水、または雑排水を使う設備を設置(雨水貯水タンクなど)
③HEMSまたはBEMSの導入
※ホーム・エレクトロニクス・マネージメント・システムの略で電気、ガス、水道などと連携し、使用料を項目単位で把握することができるエネルギー使用料の「見える化」を行なう。
④太陽光発電システムまたは蓄電池システムの導入
⑤ヒートアイランド対策(屋上緑化や壁の緑化)
※大規模マンションやオフィスビルなど住宅以外に講じられる項目で都市部の高温化を低減する対策です。
⑥劣化等級3(住宅の劣化を軽減する措置)
⑦木造住宅
※木材はCO2排出量に関わる由来は RC造りに比べ約3割程度と言われており、低炭素化に貢献できる。
⑧高炉セメント(耐久性に優れている)
⑨土地代が高い市街化区域等に建てる
※スーパーまで車で1時間もかけて出掛ると、その分ガソリン消費量が多くなり、暮らしが「低炭素」にはなりません。

低炭素住宅の優遇措置も長期優良住宅とほぼ同じ優遇措置が受けられます。長期優良住宅は前回書いたようにかなりのコストがかかります。対する低炭素住宅は、認定受ける条件が断熱性や省エネ性だけで良いですし、認定項目が少ない分、評価機関の費用も少なく済むので安価で認定を受ける事ができます。低炭素住宅のメリット・デメリットを弊社なりにまとめてみます。
1、普及促進事業
要件を満たせば、建築費の1割以内、かつ100万円を限度として補助金が出ます。
※低炭素住宅ならそこそこお得=評価○
2、住宅ローン控除
10年間で最大500万円になります。※一般住宅の場合は、最大400万円
※認定を受けた場合に最大500万円の控除が優遇されますが、その場合年末残高が5000万円の場合です。
そうなるとかなりの借入金かつ、高額納税者が優遇される事となり、これも最大限の恩恵を受けられるか疑問=評価▲
3、フラット35S
※認定住宅でなくてもフラット35SのAプランの金利の優遇が受けられます。弊社のやすらぎ仕様はすげてクリア!=評価◎
4、登録免許税
・所有権保存登記:一般住宅0.15%⇒長期優良住宅0.1%
・所有権移転登記:一般住宅0.3%⇒長期優良住宅0.2%
※目を見張る程の大差はないので検討しません・・・=評価△
5、不動産取得税
※一般住宅1,200万円→低炭素住宅も1,200万円控除=評価△
6、固定資産税の軽減
一般住宅は3年間2分1に軽減されますが、長期優良住宅の場合は5年間軽減されます。
※目を見張る程の大差はないので検討しません・・・=評価△

低炭素住宅は上記何項目で金銭的なメリットがある一方で、優遇措置は限られた人(条件)しか受けられないので注意する必要があります。弊社のやすらぎ21仕様と同じく省エネに優れた住宅であり、【快適な住まい】を得ることには変わりありません。長持ちや耐震性等は条件ではありませんから、さらにメンテナンス費用を最小限に抑えた住宅を提案し、健康的、精神的、経済的にも満足のいく住まいを皆様に真心を込めて提案していきたいのです。2020年問題でもお話しましたが、住宅の全てが省エネ性能の基準をクリアした住宅となります。認定住宅とするか否かは色々な角度から検討して皆様にとって最大限満足のいく住まいを実現して欲しいのです。設立当時から長期優良住宅&低炭素住宅同等そしてリーズナブルの住まいを提供していた弊社だからこそのノウハウを皆様にご提案いたします。どんな小さなことでも構いませんのでお気軽にご相談ください、お待ちしております(^_^) 
ご意見・ご質問  カネコホームHP
スポンサーサイト

長期優良住宅

皆様こんにちは!今日は久しぶりにお日様が出たので元気いっぱいで張り切っていきたいと思います(^_^)さて、今日は前回お話した住宅ローン控除のブログに書かれていた【長期優良住宅】についてお話します。

私が生まれた昭和39年~つい最近まで日本の住宅は、スクラップ&ビルド、古くなれば解体して建て替えれば良いという考え方でした。それにより住宅産業が活発になり、経済成長するので国にとっては都合が良かったのですが、現在の経済状況では発展も厳しいかと思います(´・_・`)高度成長時代はそれで良かったかもしれませんが、経済成長も見込めない状況でスクラップ&ビルドでは意味が有りません。そこで国が180℃政策を変えてH21年に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が発表されました。その1つが長期優良住宅です。(低炭素住宅もあります。)
この認定された住宅を建てた方には国から下記のような優遇措置があります。
①普及促進事業
要件を満たせば、建築費の1割以内、かつ100万円を限度として補助金が出ます。
②住宅ローン控除
10年間で最大500万円になります。※一般住宅の場合は、最大400万円
③フラット35S
長期優良住宅だけではありませんが、金利の優遇が受けられます。
④登録免許税
・所有権保存登記:一般住宅0.15%⇒長期優良住宅0.1%
・所有権移転登記:一般住宅0.3%⇒長期優良住宅0.2%
⑤不動産取得税
一般住宅1,200万円→長期優良住宅1,300万円控除です。
⑥固定資産税の軽減
一般住宅は3年間2分1に軽減されますが、長期優良住宅の場合は5年間軽減されます。

次に認定を受けられる条件です。
㋐.耐久性(劣化対策) ㋑.耐震性 ㋒維持管理・更新の容易性居住環境 ㋓可変性 ㋔バリアフリー性 ㋕省エネルギー性 ㋖居住環境 ㋗住戸面積 ㋘維持保全計画 ※詳細説明はこちら→国交省長期優良住宅認定条件

認定住宅については簡単に条件を満たすことが出来ますが、優遇措置をいったいどの位受けれるのでしょうか・・・
優遇措置の項目より
①普及促進事業=100万円
②住宅ローン控除=約160万円 ※仮定購入額¥2000万円の場合で年収500万円~800万円
③フラット35S=約60万円  ※2000万円借り入れた場合
④登録免許税=0円とします。※各条件で計算が異なる事、あまり得しない為。
⑤不動産取得税=0円とします。※最大3万円程度。
⑥固定資産税の軽減=約10万円※大体の目安。

以上を合計すると約320万円となります。0円の計算があるので約350万円とします。(※単純計算ですみません・・・)あれ〜?長期優良住宅を建てる為に仕様を良くしてお金を掛けて、申請料も各会社で差はありますが、無料ではありません(´・_・`)350万円はあっと言う間に消えるどころかマイナスになるのは確実かもしれません(;_;)
【※参考:国交省の概算では一般住宅建築費の20%~30%アップ=2000万円×平均25%=500万円】
更に皆さんもご存知かと思いますが大手の住宅メーカーとなれば本体工事費も決して安い物ではありません。弊社では創業当時(1998年)から長期優良住宅と同じ性能をお客様に提供しています。もちろん、長期優良住宅(グリーン化事業)の申請が出来るビルダーとして登録もしてあります。今まで認定住宅登録を希望するお客様はいませんでしたが、設立当初から長期優良住宅を手掛けた弊社だからこそ、計画をする前によーく考えていただきたいと思うのです!これからも確かな技術と真心で長持ちする高気密・高断熱・計画換気住宅をリーズナブルに提案できる、最近見直されてきている地域蜜着型ビルダー(工務店)を目指して日々努力し、頑張っていきますので皆様どうぞよろしくお願いいたします(^_^)
 ご質問・お問合せ カネコホームホームページ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

住宅ローン控除制度

皆様おはようございます!3月は確定申告の時期でもあり、本日15日で所得税の〆切で各地の税務署は混雑していると思います。そこで今日は住宅ローン控除制度についてお話します。一定の要件にあてはまる住宅を新築、購入又は増改築等をした場合で、住宅を建設・取得・増改築等するために機構(旧公庫)や民間の金融機関又は勤務先等からの借入金がある場合、居住した年以後5~15年間の各年で所得税の税額控除の適用が受けられます。今日は平成31年(2020年)までに新築住宅を立てた場合を説明します。

.✩控除を受けるための主な要件 ※新築住宅
①新築又は取得の日から6か月以内に居住の用に供し、適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいる事
②この特別控除を受ける年分の合計所得金額が3,000万円以下である事
③新築又は取得をした住宅の床面積(登記簿に表示されている床面積)が50m2以上であり、床面積の2分の1以上の部分が、専ら自己の居住の用に供するものである事
④10年以上にわたり分割して返済する方法になっている新築又は取得のための一定の借入金又は債務(民間の金融機関や住宅金融支援機構等の住宅ローン等)がある事
⑤居住の用に供した年とその前後の2年ずつの5年間に、居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例等の適用を受けていない事

以上の様な場合に控除が適用となります。控除率は下記の通りです。
※入居日が現在~平成31年6月31日までの場合
①住宅借入金等の年末残高の合計額=4,000万円以下の部分の金額  
※「特定取得」とは、住宅の取得等の対価の額又は費用の額に含まれる消費税額等(消費税額及び地方消費税額の合計額)が、消費税率の引き上げ後の8%又は10%の税率により課されるべき消費税額等である場合におけるその住宅の取得等をいいます
②各年の住宅借入金等の年末残高の合計額に 乗ずる控除率=1%
③控除期間=10年間
注※対価や費用に含まれる消費税が、5%の税率であった場合や個人間の売買契約により、対価や費用に含まれる消費税がない場合、年末残高の合計額は住宅の取得等が特定取得(消費税8%・10%で取得)に該当する場合であり、それ以外の場合の年末残高の合計額は2,000万円となります。

と言う事は以上の条件に当てはまれば一般住宅の場合、借入金額の年末残高4000万円を上限に、その1%が10年にわたり最大で400万円が控除されると言う事です。H26年4月の消費増税にともなった措置で、H26年4月前に新築住宅を購入した場合の控除額とは最大で200万円の差があります。長期優良住宅、低炭素住宅等、高機能、高性能の住宅と認定されると、控除額は最大で500万円となっています。また、リノベーション・中古住宅等も対象となっていますが今回は割愛させていただきます。
これに合わせて国土交通省すまい給付金も要件を満たせば現金が給付される国の制度なので是非確認してください。

それに加え今年2月にはフラット35の金利が1%台を切り0.99%になり、民間の変動金利型なら約0.4%台から0.8%台で利用できます。マイナス金利により0%台の金利が実現してる現在、もう二度とは訪れないような金利かもしれません。日本ではないと思いますが、ある国では、お金を借りてると元金はもちろん支払いますが、逆に手数料が貰えるみたいです・・・(´・_・`)
新築住宅・リノベーション等をお考えの方は、この実質的な減税+マイナス金利を最大限に活用して、還付金+すまい給付金を受け取り家族サービス・趣味・グルメ等で楽しく使うもよし、貯蓄しておいて10年目以降の控除終了に伴い繰り上げ返済に回すのもよし、活用しない手段はないでしょう。

ご意見・お問合せ カネコホーム

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村



耐震・免震・制震とは・・・

皆様こんにちは!今日は木造住宅が地震に耐える為の3つの工法についてお話したいと思います。皆様にとっては地震に強い家は全て一括りになってしまう方もいらっしゃると思うので簡単に違いをご説明します。

①【耐震構造】
壁や柱・耐力壁を強化して、建物自体を歪まないように堅くして地震の揺れに対抗する。熊本地震でも耐震等級3以上の住宅の被害はなかった。以前、ブログにも書いたように直下率が極めて重要となる。

②【免震構造】
住宅の基礎と建物の間にベアリングやゴムを挟んだり、大きな建物になると屋上に免震装置などを置いて地震の揺れを抑えたり、揺れを建物に限りなく影響しない装置を備えた住宅。揺れそのものが小さくなるので、人命、建物、家財も守りやすい。建築コストが掛かるので、一般的な住宅にはあまり復旧していない。また、強い地盤が必要となり弱い場合は地盤改良も行なう。

③【制震構造】
ダンパーや大型の制振ゴムなどの振動軽減装置を用いて、建物に粘りをもたせて揺れを抑え、地震のエネルギーを吸収して地震のエネルギーを抑える。免震構造よりも建築費が割安で、度重なる余震で揺れても壊れにくく、耐震強度が落ちないなどの特徴があります。

皆さんいかがでしょう・・・もちろん免震構造が一番良いのは一目瞭然ですが、建築コストは200万円~400万円程度と掛り、簡単には選択する訳にはいかない価格です(´・_・`)それよりも耐震・制震を選択してコストを抑えて【ZEH】や住宅設備の部分にコストを回して住宅を建てた方がいいと思います。しかし、免震構造は他の構造に比べて震災に対する安心感があるのは間違いありません・・・近い将来、お客様にお手頃の価格で【免震】+【ZEH】を提供出来る日を願い努力して行きたいと思いますので皆様ご期待ください!!(^_^)
ご意見、お問合せ→メールフォーム カネコホームHP

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

ZEH(ゼッチ)

皆様こんにちは!最近【ゼロエネルギー住宅】【ZEH(ゼッチ)】という言葉をよく聞きませんか? エネルギーがゼロの住宅って、ありえないでしょ?と思われる方も沢山いると思います。そこで今日は、【ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス】についてお話したいと思います。
【ZEH】とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の頭文字をとった略称で、エネルギー消費量が正味ゼロの住宅のことをいいます。 【ゼロエネルギー住宅】も同じ意味となります。ゼロエネルギー住宅って・・・生活している上で住宅で消費するエネルギーが絶対に必要なのにゼロって・・・ありえないですよね(´・_・`)。 【ゼロエネルギー】とは全くゼロと言う事ではなく、+-=ゼロと言う事です。高気密・高断熱・計画換気の住宅を建てる事でエネルギー消費量をできるだけ少なくしたと言っても、ゼロにはなりませんから、必要となるエネルギー消費量と同じ量のエネルギーを自ら生み出す事が出来る住宅を【ZEH】と呼ぶわけです。と言う事は・・・【ZEH】には、太陽光発電システム等の様なエネルギーを創る設備が必ず設置すると言う事になります。(創エネ)
では最近になってこれほどまでに【ZEH】が注目されているのはなぜでしょうか?それは細い事は色々とありますが、世界全体の温室効果ガス排出量の大幅削減(地球温暖化防止)を行う事を国が急務と考え【ZEH】を普及させようと頑張っているからです。
政府は【ZEH】新築住宅を2020年には半分の住宅を2030年には全部の住宅の【ZEH】を目指すと言っていますが・・・この言い方も「標準的な住宅で」とか曖昧な言い方になっているのは国の独特な言い回しですが(´・_・`)
まあそんな事より太陽光発電等の設備は必要な事は分かりましたが、断熱材・気密性能が低い家に太陽光発電を高いお金を叩いても【焼け石に水】ですよね(^_^)。それでは一体どのような住宅の仕様にすれば良いのでしょうか・・・答えは簡単です。高気密・高断熱・計画換気・高性能サッシ・オール電化・節水蛇口・LED照明等を備えた住宅に太陽光などの設備をプラスすれば【ZEH】となるのです。 

【ZEH】のメリット
補助金が出る・・・最大で150万円前後いただける。
住宅性能にもよるが使ったエネルギーを太陽光により正味ゼロ、もしくはマイナスになる可能性もある。
室内環境が良くなりヒートショック防げる。

【ZEH】のデメリット
・イニシャルコスト(初期投資)が高くなる。
※高気密・高断熱・計画換気システムや省エネ性能に優れた設備や太陽光発電設備を導入するには通常の住宅を建てるよりも金額が高くなるのは当然です。場合によっては、予算を大幅に超えて補助金の意味が訳が分からなくなり、誰の為に何の目的で投資したのかさえ疑問に感じるかもしれません。
・欠陥住宅の可能性
※まだ市場に十分ZEHが浸透していないため、ZEHを建てるハウスビルダー側が慣れていない会社が多いので技術力がないビルダーの施工では、欠陥住宅を作る可能性もあります。太陽光は誰が売っても欠陥品は少ないですが、住宅を高性能にするにはしっかりとしたノウハウが無いと危険です。

弊社は19年前から高気密・高断熱・計画換気住宅を手掛けていて、太陽光発電の設備を屋根に載せれば【ZEH】の住宅となるのですが・・・最近、住宅展示場やネット等には【ZEH】の文字が沢山並んでいますが、もう一度【ZEH】についてよく調べて、より良い住宅を計画された方がいいかと思います。いずれにせよ地球温暖化を防止する為には高性能の住宅が必要となるのです。十数年前から高性能住宅を手掛けている弊社にとっては今頃?と思ってしまいますが・・・世界の未来の為に大事な事です。
最後に今日も【ZEH】【ZEH】って沢山太字で書いてしまいました事をお許しください(´・_・`)
ご意見、お問合せ→お問合せ カネコホームHP

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

住宅の内装メンテナンス(その2水周り)

皆様こんにちは。3月に入り少しは暖かくなってきたかと思いきや、まだまだ寒い日が続きますが春は目の前に来ていますから頑張って行きたいと思います!

さて、今日は住宅のメンテナンス(その2水周り)をお話したいと思います。水周りといえばキッチン・お風呂・洗面・トイレですかね。必ず毎日1度は使う場所ですから、汚れやカビ・石鹸などが付着しやすいので、掃除もコマメにしないといけないですよね(´・_・`)でも・・・主婦の方もお仕事を積極的にする時代となり、なかなか忙しくてお掃除が出来ない方もたくさんいらっしゃると思います。そんな方に掃除を長い間しなくても汚れがサッと取れる商品を扱っているメーカがあります。それは水周り専門メーカーのタカラスタンダードです。ホーロー(鋼・鋳鉄・アルミなどの金属の下地にガラス質の釉薬を塗り、高温で焼き付け融着させたもの。金属の強さとガラスの耐食性を合わせもち、耐久性・耐酸性・耐磨耗性・保温性・耐食性・耐熱性などに優れ、美しい色合いと光沢をもつ。)の商品を売りにしているメーカーで弊社のお客様もかなりの確率でタカラスタンダードさんの商品を選択されています。ホーローは上記にあるように金属のツヤさとガラスの耐食性を併せ持っている為、油汚れ、水垢、衝撃等に非常に強いので水周りには最適な部材となります。
タカラスタンダードのショールームに行くと色々な実演をしてくれます。油汚れを再現するために油性マジックをバーナーで炙りこびり付かせても、濡れ雑巾でサッと拭けば汚れは落ちます。
ガラスクルー等でも汚れは簡単に落ちます。この部材をキッチン骨組み・扉・キッチンパネル・浴槽壁・浴槽・洗面化粧台骨組み・扉等に使用しているので汚れがこびり着きにくく、長い間ほっておいても心配ありません。見える所はもちろん。見えない骨組みまでホーローで出来ているのが魅力です。キッチンの外見や見栄えも大事ですが、内部は醤油、ソースの輪染みで汚れが付きやすくお掃除も大変です。弊社はキッチンだけではなく、洗面化粧台や洗濯機・トイレの壁にもホーローパネルを施しているので、何年経ってお伺いしても色や状態も変わっていません。毎日使う場所だから、本体だけでは無く、水周りの周辺の壁や床の仕上げも非常に重要だと思います。外壁や床・屋根と同じく初期投資を少しだけすればメンテナンスフリーになるのです。
【百聞は一見にしかず】・・・と言う事で4月8日(土)・4月9日(日)の2日間でタカラスタンダード相模原ショールームで水周り相談会を開催しますので是非お越しいただきホーローの素晴らしさを実感いただきたいと思います!
詳しい内容は来週中にHPにご案内いたしますのでよろしくお願いいたします。 
㈲カネコホーム 金子 豊
 ご意見・お問合せ カネコホームHP
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

プロフィール

カネコホーム

Author:カネコホーム
カネコホーム社長ブログ
相模原市橋本で1964年生まれ、橋本育ち。材木商から1998年に独立して高気密・高断熱・計画換気住宅を専門としたカネコホームを設立して現在に至る。住宅の事を中心にブログ更新していきますので皆様どうぞよろしくお願いします!

アクセスカウンター

にほんブログ村

ビルダー・工務店

リフォーム業者

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。