FC2ブログ

2020年問題

皆様おはようございます!今月の最後のブログは2020年問題についてお話したいと思います。

2020年と言うと先ずはビックイベントの東京オリンピックが開催される事を想像すると思います。それと同時に日本の住宅事情が大きく変わる年でもあります。昨日も直下率(耐震性)についてお話をしましたが、国は【耐震性能】【耐久性能】、残る一つは今回お話しする【省エネルギー性能】の最低基準を2020年に定めようとしています。日本は先進国と言われながら、「今まで省エネルギー性能の最低基準無いの?」と言う声が聞こえそうですが、意外や意外、現時点で日本では家に省エネルギー性能の最低基準というものは無く、大げさな話、断熱無しの家でも今なら建築確認が通ります。冬に暖房が必要となる他国で断熱無しでも家が建てられる国を日本以外では知りません。
京都議定書(1997年温暖化防止会議)から常に省エネに関して低品質なままだったのですが、2020年にようやく義務化され先進国と肩を並べようとしています。「なーんだ、3年先のことか。じゃあ私には関係あらへん」と思っ方手を挙げてください(^_^)
はい、そこのあなた!どんな問題が起こるかと言うと、既存住宅、また、これから2020年までに建てる住宅で省エネ基準を満たしてない物は2020年以降には大幅に資産価値が下がる可能性があるのです。なぜ?・・・既存の住宅でこの問題をクリアーしている住宅は約50%以上不適合で基準に達していません(>_<)あり得ないですよね。そうなると半分の住宅が【基準不適合】となり3年後に一気に下落する住宅なんて・・・この住宅で、35年の住宅ローンを組んだのに、残り32年にして違法建築扱いされてしまうという、とんでもないことが目の前で行われている。勿論、2019年までは違反している訳ではないのですが・・・
2020年以降に何らかの事情で住み替えの際に売ろうとした時や銀行からお金を借りようとした場合に評価額が下がる可能性は極めて大きいです(>_<)人の大切な財産について親身になっていないのか・・・消費者は自ら研究して知識を持っていないとダメなのか・・・「建築確認が通りOKが出ましたから大丈夫です。でも3年後は資産価値がガタ落ちですけどね。ランニングコストもかなりかかりますよ・・・」とは教えてくれない人が多いですかね(>_<)
弊社は創業当時(1998年)から2020年問題がわかっていたかの様に22年前から現在まで、この省エネ仕様の住宅を造り続けています。20年前、高気密・高断熱・計画換気住宅に出会い、惚れ込み、疑いなく信じて、ブレずに生きてきて良かった〜と改めて思います。現在、新築・リフォーム等をお考えの方は2020年問題も視野に入れたご検討をお勧めします!

詳しくは担当金子まで→お問いわせ先メールフォーム カネコホームHP
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

カネコホーム

Author:カネコホーム
カネコホーム社長ブログ
相模原市橋本で1964年生まれ、橋本育ち。材木商から1998年に独立して高気密・高断熱・計画換気住宅を専門としたカネコホームを設立して現在に至る。住宅の事を中心にブログ更新していきますので皆様どうぞよろしくお願いします!

アクセスカウンター

にほんブログ村

ビルダー・工務店

リフォーム業者

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR