スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐震・免震・制震とは・・・

皆様こんにちは!今日は木造住宅が地震に耐える為の3つの工法についてお話したいと思います。皆様にとっては地震に強い家は全て一括りになってしまう方もいらっしゃると思うので簡単に違いをご説明します。

①【耐震構造】
壁や柱・耐力壁を強化して、建物自体を歪まないように堅くして地震の揺れに対抗する。熊本地震でも耐震等級3以上の住宅の被害はなかった。以前、ブログにも書いたように直下率が極めて重要となる。

②【免震構造】
住宅の基礎と建物の間にベアリングやゴムを挟んだり、大きな建物になると屋上に免震装置などを置いて地震の揺れを抑えたり、揺れを建物に限りなく影響しない装置を備えた住宅。揺れそのものが小さくなるので、人命、建物、家財も守りやすい。建築コストが掛かるので、一般的な住宅にはあまり復旧していない。また、強い地盤が必要となり弱い場合は地盤改良も行なう。

③【制震構造】
ダンパーや大型の制振ゴムなどの振動軽減装置を用いて、建物に粘りをもたせて揺れを抑え、地震のエネルギーを吸収して地震のエネルギーを抑える。免震構造よりも建築費が割安で、度重なる余震で揺れても壊れにくく、耐震強度が落ちないなどの特徴があります。

皆さんいかがでしょう・・・もちろん免震構造が一番良いのは一目瞭然ですが、建築コストは200万円~400万円程度と掛り、簡単には選択する訳にはいかない価格です(´・_・`)それよりも耐震・制震を選択してコストを抑えて【ZEH】や住宅設備の部分にコストを回して住宅を建てた方がいいと思います。しかし、免震構造は他の構造に比べて震災に対する安心感があるのは間違いありません・・・近い将来、お客様にお手頃の価格で【免震】+【ZEH】を提供出来る日を願い努力して行きたいと思いますので皆様ご期待ください!!(^_^)
ご意見、お問合せ→メールフォーム カネコホームHP

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

カネコホーム

Author:カネコホーム
カネコホーム社長ブログ
相模原市橋本で1964年生まれ、橋本育ち。材木商から1998年に独立して高気密・高断熱・計画換気住宅を専門としたカネコホームを設立して現在に至る。住宅の事を中心にブログ更新していきますので皆様どうぞよろしくお願いします!

アクセスカウンター

にほんブログ村

ビルダー・工務店

リフォーム業者

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。