FC2ブログ

住宅の外装メンテナンス(その1屋根)

おはようございます!今日は住宅のメンテナンスについてお話します。通常、築10年を過ぎるとそろそろメンテナンスが必要な時期となります。外装では屋根・外壁・樋・etc…。外壁の塗り替えをやるのであれば足場が必要となり、そこで屋根の塗り替えや雨樋の付替えを同時に施工する場合が多く見受けられます。住宅の規模・塗料のグレードにもよりますが30坪~40坪の住宅で150万~200万位かかるでしょうか。10年に1度とすると・・・30年で約450万~600万程かかる計算です。びっくりする金額ですね(-_-;)そんなにお金をかけたくない・・・誰もが同じ考えでしょう。ただ、住宅は人間の体と同じで長くほっぽっておくと取り返しのつかない事になってしまうので定期的にメンテナンスをする事が必要不可欠となります。今回は屋根のコストについて説明します。

屋根の種類
・カラーベスト
 1980年~現在の住宅の仕上げ材で最も多い。重量 坪当たり約70kg。耐用年数は色の塗替え10年
 坪単価=約15,000円

・ガルバリウム鋼板(耐久性・耐候性に優れるので自動販売機本体に使用されている)
ガルバリウムの構造

 最近多くなっている。重量 坪当たり約16kg。耐用年数は25年~30年。 坪単価=18,000円~20,000円

・瓦
 最近は少なくなっている。重要 坪当たり約200kg。耐用年数は半永久的。坪単価=25,000円~

以上のような特徴があり、予算によって仕上げ材が決まります。でも・・・今更ですが新築の際にこの差が説明されたでしょうか。
意外と説明せれないで家を建てた方が多いのです。住宅の屋根の面積を30坪とすると・・・
・カラーベスト =30坪×15,000円=450,000円
・ガルバ    =30坪×20,000円=600,000円
・瓦      =30坪×25,000円=750,000円  ※いずれも概算


新築の際に差額で考えたら皆さんはどう考えるでしょうか。私なら迷わずガルバの屋根を選択すると思います。
理由は本来であれば瓦にしたいのですが(半永久的)、地震大国であることを考えると屋根は軽いほうが有利でガルバ(瓦の1/10)となり、ガルバの耐用年数は最低25年はメンテナンスなしでいけそうだからです。初期投資(イニシャルコスト)15万程で30年近くメンテナンスフリーであれば安価だと思いませんか?このように住宅の材料選びには大事な事がたくさんあります。
充実した意味のある初期投資を行えばメンテナンスコストは十分に抑えられ何倍にもなって返ってきます。新築をお考えの方、メンテナンスをお考えの方は1度お考えになったらいかがでしょうか。塗り替えを何度も行うなら思い切ってガルバの屋根を施工するのもオススメです!詳しくは弊社までお気軽にお尋ねください。
お問い合わせ先→メール kaneko-home@kaneko-home.com  TEL 042-772-9436 
HP→http://kaneko-home.com
次回は外壁についてお話します。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

カネコホーム

Author:カネコホーム
カネコホーム社長ブログ
相模原市橋本で1964年生まれ、橋本育ち。材木商から1998年に独立して高気密・高断熱・計画換気住宅を専門としたカネコホームを設立して現在に至る。住宅の事を中心にブログ更新していきますので皆様どうぞよろしくお願いします!

アクセスカウンター

にほんブログ村

ビルダー・工務店

リフォーム業者

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR