スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました。

週末に開催しました【2017春タカラフェア】にご来場いただきました皆様、桜は満開でしたがお足元の悪い中、本当にありがとうございました。この場を借りて熱く御礼申し上げます。

さて、先週は桜満開の中、絶好のお出かけ日和と思いきや・・・両日ともにぐずついたお天気(´・_・`)それでもタカラスタンダード相模原ショールームは朝からかなりの人出で室内の気温は上昇!最初のお客様はお風呂の改装をご希望で25年前のユニットバスをそろそろ新調したいとの事。
真っ先にバスルームのエリアにご案内(^_^)
レラージュ3
レラージュ2

タカラスタンダード【レラージュ】。浴槽は人造大理石仕様で床はタフロア、壁はもちろんホーローパネル。ホーローはカビが根を貼れない、針金のブラシで擦っても傷が付かない、油汚れ、皮脂よごれ等・・・丈夫さ、掃除しやすさをアドバイザーが実演してくれてお客様も納得。そして余り知られていないと思いますが、タカラさんは骨組みが違います。タカラ構造
タカラ骨組み
1枚目は浴槽の断面でご覧お通り断熱ですっぽり覆われています。もちろん床・壁も。骨組みを知るための物が2枚目の写真です。手のひらの形通り手を置くと他社製品はグニャリ・・・下の手の形、タカラさんに手を置くと・・・ビクともしません!見えるところだけでは無く、骨組みもこだわりを持っている。弊社が目指している住宅への考え方と同じで、メンテナンスコストを節約できるのです。商品の特徴をご説明させていただき、はたして価格は・・・お客様の感想は「えっ!思ったよりもリーズナブルですね!」予想外のお言葉でした。私はこの業界に長くいるので気にしていませんでしたが、その理由がわかりました。タカラさんは標準希望小売価格(定価)が他社さんより安く表示されているのです。例えば同じグレード商品で他社さんの定価が200万、タカラさん100万円で表示されているとします。他社さん大幅な値引きで100万円。誰でも嬉しく特した気分(^_^)。対するタカラさんは値引きが少なく90万円・・・なんだよ10%OFFかア。さみしいじゃありませんか。こんな現象が起こりますが結果、消費者の方は双方、最終的にはほぼ同じ金額で購入できるのです。それが証拠にI様の奥様は「システムキッチンなんて高いから今回は無理ですね」と言われましたが、キッチン展示エリアに行くと「えっ・・・こんなに安いの?」とまたもやビックリ!!「キッチンも検討できる価格ですね」(^_^)
タカラシステムキッチンリテラ1
タカラシステムキッチンレミュー1
↓✩どこでもラックホーローパネルの下地がスチールでできていますので磁石でしっかりと自由に取り付けられます(^_^)
I様、これにも感動しておりました!
どこでもラック2

↓✩引き出しの中もすべてホーローで醤油、ソース等の輪じみが付着しても安心!
引き出しホーロー

「こんなに素敵なキッチンがこんなお手頃な値段で買えるなんて(^_^)」最初は見ないようにしていた奥様の目の色が変わり手で触り「天板は大理石、高さは90cmがいいなー」と・・・とりあえずI様、開催初日にレラージュご成約いただきありがとうございました。責任を持って施工させていただきます。本当にありがとうございました!「百聞は一見にしかず」フェアは終了してもショールームのご案内は受け付けていますのでリフォーム・新築をお考えの方はお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせフォーム !カネコホームHP お電話でのお問い合わせ 042-772-9436 

お待ちしております!!

春のタカラフェア開催!!

皆様こんにちは!やっと春らしい陽気になり桜も徐々に開花しています。ようやく春到来といったところで、何だかウキウキしてきます(^_^)今日は今週末、(4/8・9)に行われる【タカラフェア2017春】についてご案内したいと思います!

詳しくはこちら→タカラフェア

ここに書いてある通り、チラシを持参してショールームにお越しいただくと、Tポイント200ポイント。さらにカットカステラ。さらにお見積り、ご成約の際にはもれなく豪華グルメセットをプレゼント(^_^)
タカラスタンダードの商品の良さを目で見て触れて確かめてください!「百聞は一見にしかず」必ず納得していただけると思います。

開催場所は相模原桜祭り会場から近い場所(相模原市中央区中央6-1-18)ですので満開の桜を眺めながら、ご近所お誘い合わせの上、是非お越しいただきたいと思います。社員一同お待ちしております!  

ご質問、お問合せ→メールフォーム カネコホームHP

神戸春日野道駅前【好平】お好み焼

皆様こんにちは!4月のブログ第一回目はグルメで始めたいと思います。3/25~3/27にわたり野暮用で大阪に行ってきました。やっぱり大阪に行ったならお好み焼きでしょー。そんな中一緒に行った仲間の幼馴染の方が経営している神戸春日野道駅前にあるお好み焼【好平】に連れて行ってもらいました。入店すると正面に大きな鉄板が有りそこで店主さんがお好み焼きや焼きそばなどを沢山焼いていました。席に座るとそこにも大きな鉄板があり、自分で焼くのかと思いきや・・・ 

お好み焼き1 お好み焼き3 お好み焼き2

見てください!あっという間にお好み焼・焼きそばが鉄板の上に運ばれてきました(^_^)先ずはお好み焼をパクリ!うううまい\(^^)/生地が柔らかく、口の中でとろける感じでした。ソースも地元では味わった事のない感じで、このお好み焼きと相性ばっちりで、さすが本場のお店。地元でも人気で若いお客さんがたくさん来ていました。私たちの隣に座っていたのが若いカップルらしき2人。そこにご飯、お味噌汁、お新香だけがお盆の上に乗せられて2セット運ばれてきました。あれ?何気なく仲間と会話しながら様子を伺うと・・・なんと・・・二人ともお好み焼きをおかずに仲良くご飯をパクリ、お新香ポリポリ、お味噌汁・・・順序よく食べてるではありませんか(´・_・`)え〜!まさにお好み焼き定食状態やんけ。言葉も関西弁になる程驚いてしまいました・・・何やらこちらでは当たり前でお好み焼き定食があるのだそうです。この日は店主も驚く程、食べるは飲むはお腹いっぱいでご飯は食べれませんでしたが、次回地元でお好み焼きを食べる時は「お好み焼き定食」を挑戦してみようと思います!




低炭素住宅

皆様こんにちは!今日は前回の続き低炭素住宅についてお話したいと思います。
東日本大震災後の2012年12月に施工された2020年の改正省エネ基準の先駆法案として、
低炭素住宅の認定制度ができました。地球温暖化問題が加速する中、低炭素・リサイクル社会を実現する事が重要項目となります。低炭素住宅の場合は、改正省エネ基準よりも、一次エネルギー消費量をさらに10%削減しなければいけません。基準をクリアしなければならない項目があります。下記の通りです。

①節水性能に役立つ設備機器採用(節水型トイレや節水型水栓、食洗機など)
②.雨水、井戸水、または雑排水を使う設備を設置(雨水貯水タンクなど)
③HEMSまたはBEMSの導入
※ホーム・エレクトロニクス・マネージメント・システムの略で電気、ガス、水道などと連携し、使用料を項目単位で把握することができるエネルギー使用料の「見える化」を行なう。
④太陽光発電システムまたは蓄電池システムの導入
⑤ヒートアイランド対策(屋上緑化や壁の緑化)
※大規模マンションやオフィスビルなど住宅以外に講じられる項目で都市部の高温化を低減する対策です。
⑥劣化等級3(住宅の劣化を軽減する措置)
⑦木造住宅
※木材はCO2排出量に関わる由来は RC造りに比べ約3割程度と言われており、低炭素化に貢献できる。
⑧高炉セメント(耐久性に優れている)
⑨土地代が高い市街化区域等に建てる
※スーパーまで車で1時間もかけて出掛ると、その分ガソリン消費量が多くなり、暮らしが「低炭素」にはなりません。

低炭素住宅の優遇措置も長期優良住宅とほぼ同じ優遇措置が受けられます。長期優良住宅は前回書いたようにかなりのコストがかかります。対する低炭素住宅は、認定受ける条件が断熱性や省エネ性だけで良いですし、認定項目が少ない分、評価機関の費用も少なく済むので安価で認定を受ける事ができます。低炭素住宅のメリット・デメリットを弊社なりにまとめてみます。
1、普及促進事業
要件を満たせば、建築費の1割以内、かつ100万円を限度として補助金が出ます。
※低炭素住宅ならそこそこお得=評価○
2、住宅ローン控除
10年間で最大500万円になります。※一般住宅の場合は、最大400万円
※認定を受けた場合に最大500万円の控除が優遇されますが、その場合年末残高が5000万円の場合です。
そうなるとかなりの借入金かつ、高額納税者が優遇される事となり、これも最大限の恩恵を受けられるか疑問=評価▲
3、フラット35S
※認定住宅でなくてもフラット35SのAプランの金利の優遇が受けられます。弊社のやすらぎ仕様はすげてクリア!=評価◎
4、登録免許税
・所有権保存登記:一般住宅0.15%⇒長期優良住宅0.1%
・所有権移転登記:一般住宅0.3%⇒長期優良住宅0.2%
※目を見張る程の大差はないので検討しません・・・=評価△
5、不動産取得税
※一般住宅1,200万円→低炭素住宅も1,200万円控除=評価△
6、固定資産税の軽減
一般住宅は3年間2分1に軽減されますが、長期優良住宅の場合は5年間軽減されます。
※目を見張る程の大差はないので検討しません・・・=評価△

低炭素住宅は上記何項目で金銭的なメリットがある一方で、優遇措置は限られた人(条件)しか受けられないので注意する必要があります。弊社のやすらぎ21仕様と同じく省エネに優れた住宅であり、【快適な住まい】を得ることには変わりありません。長持ちや耐震性等は条件ではありませんから、さらにメンテナンス費用を最小限に抑えた住宅を提案し、健康的、精神的、経済的にも満足のいく住まいを皆様に真心を込めて提案していきたいのです。2020年問題でもお話しましたが、住宅の全てが省エネ性能の基準をクリアした住宅となります。認定住宅とするか否かは色々な角度から検討して皆様にとって最大限満足のいく住まいを実現して欲しいのです。設立当時から長期優良住宅&低炭素住宅同等そしてリーズナブルの住まいを提供していた弊社だからこそのノウハウを皆様にご提案いたします。どんな小さなことでも構いませんのでお気軽にご相談ください、お待ちしております(^_^) 
ご意見・ご質問  カネコホームHP

長期優良住宅

皆様こんにちは!今日は久しぶりにお日様が出たので元気いっぱいで張り切っていきたいと思います(^_^)さて、今日は前回お話した住宅ローン控除のブログに書かれていた【長期優良住宅】についてお話します。

私が生まれた昭和39年~つい最近まで日本の住宅は、スクラップ&ビルド、古くなれば解体して建て替えれば良いという考え方でした。それにより住宅産業が活発になり、経済成長するので国にとっては都合が良かったのですが、現在の経済状況では発展も厳しいかと思います(´・_・`)高度成長時代はそれで良かったかもしれませんが、経済成長も見込めない状況でスクラップ&ビルドでは意味が有りません。そこで国が180℃政策を変えてH21年に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が発表されました。その1つが長期優良住宅です。(低炭素住宅もあります。)
この認定された住宅を建てた方には国から下記のような優遇措置があります。
①普及促進事業
要件を満たせば、建築費の1割以内、かつ100万円を限度として補助金が出ます。
②住宅ローン控除
10年間で最大500万円になります。※一般住宅の場合は、最大400万円
③フラット35S
長期優良住宅だけではありませんが、金利の優遇が受けられます。
④登録免許税
・所有権保存登記:一般住宅0.15%⇒長期優良住宅0.1%
・所有権移転登記:一般住宅0.3%⇒長期優良住宅0.2%
⑤不動産取得税
一般住宅1,200万円→長期優良住宅1,300万円控除です。
⑥固定資産税の軽減
一般住宅は3年間2分1に軽減されますが、長期優良住宅の場合は5年間軽減されます。

次に認定を受けられる条件です。
㋐.耐久性(劣化対策) ㋑.耐震性 ㋒維持管理・更新の容易性居住環境 ㋓可変性 ㋔バリアフリー性 ㋕省エネルギー性 ㋖居住環境 ㋗住戸面積 ㋘維持保全計画 ※詳細説明はこちら→国交省長期優良住宅認定条件

認定住宅については簡単に条件を満たすことが出来ますが、優遇措置をいったいどの位受けれるのでしょうか・・・
優遇措置の項目より
①普及促進事業=100万円
②住宅ローン控除=約160万円 ※仮定購入額¥2000万円の場合で年収500万円~800万円
③フラット35S=約60万円  ※2000万円借り入れた場合
④登録免許税=0円とします。※各条件で計算が異なる事、あまり得しない為。
⑤不動産取得税=0円とします。※最大3万円程度。
⑥固定資産税の軽減=約10万円※大体の目安。

以上を合計すると約320万円となります。0円の計算があるので約350万円とします。(※単純計算ですみません・・・)あれ〜?長期優良住宅を建てる為に仕様を良くしてお金を掛けて、申請料も各会社で差はありますが、無料ではありません(´・_・`)350万円はあっと言う間に消えるどころかマイナスになるのは確実かもしれません(;_;)
【※参考:国交省の概算では一般住宅建築費の20%~30%アップ=2000万円×平均25%=500万円】
更に皆さんもご存知かと思いますが大手の住宅メーカーとなれば本体工事費も決して安い物ではありません。弊社では創業当時(1998年)から長期優良住宅と同じ性能をお客様に提供しています。もちろん、長期優良住宅(グリーン化事業)の申請が出来るビルダーとして登録もしてあります。今まで認定住宅登録を希望するお客様はいませんでしたが、設立当初から長期優良住宅を手掛けた弊社だからこそ、計画をする前によーく考えていただきたいと思うのです!これからも確かな技術と真心で長持ちする高気密・高断熱・計画換気住宅をリーズナブルに提案できる、最近見直されてきている地域蜜着型ビルダー(工務店)を目指して日々努力し、頑張っていきますので皆様どうぞよろしくお願いいたします(^_^)
 ご質問・お問合せ カネコホームホームページ にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

プロフィール

カネコホーム

Author:カネコホーム
カネコホーム社長ブログ
相模原市橋本で1964年生まれ、橋本育ち。材木商から1998年に独立して高気密・高断熱・計画換気住宅を専門としたカネコホームを設立して現在に至る。住宅の事を中心にブログ更新していきますので皆様どうぞよろしくお願いします!

アクセスカウンター

にほんブログ村

ビルダー・工務店

リフォーム業者

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。